北海道の地チーズ

一覧へ戻る

  • ホーム
  • > 鶴居村振興公社「酪楽館」
  • 鶴居村振興公社「酪楽館」

  • ナチュラルチーズコンテストで3回連続して賞を受賞

 隔年で開催されているALL JAPANナチュラルチーズコンテストで6回、7回、8回(2011年)と、3回連続して最優秀賞や優秀賞などを受賞。安定した品質と美味しさで高い評価を受けている。デンマークで修行をし、酪楽館のチーズ技師として製造にあたった片山晶さんが試作を重ねて製品化した。現在は、小山田愛さんを中心としたスタッフが、その品質と味を引き継いでいる。セミハードタイプ(ゴーダ系)がメインで、特に人気が高いのが誰にでも好かれるクセのないシルバーラベルと深いコクのあるゴールドラベル。シルバーとゴールドは使用される乳酸菌が違う他、熟成期間に差がある。約3カ月間熟成するシルバーに対してゴールドは半年以上。熱を加えて料理に使うにはやわらかなシルバー、そのまま食べるなら引き締まった食感のゴールドがおすすめ。「鶴居村は、良質な牛乳の産地なので、その牛乳が生きるチーズにしなければ、という思いで作っています」と小山田さん。先人の技術を受け継ぎ、さらなる高い製品を作り上げたいと意欲を燃やす。地元ではチーズ料理コンテストなども開催され「うちの村の特産チーズ」がすっかり定着している。

製造の様子

鶴居村振興公社「酪楽館」

鶴居村振興公社「酪楽館」

鶴居村振興公社「酪楽館」

〒085-1200 阿寒郡鶴居村字雪裡435
TEL 0154-64-3088 FAX 0154-64-3066