北海道の地チーズ

一覧へ戻る

  • あしょろチーズ工房

  • 足寄の大地で育まれた生乳から生まれるチーズ

 十勝の北東部にある足寄町は、町の面積で日本一の広さを持つ。山野の広大な牧草地で計画的に牛を放し飼いする放牧酪農が盛んで、その酪農の要となる「JAあしょろ」が運営するあしょろチーズ工房。
道の駅・足寄湖に隣接する工房で、フレッシュからハードタイプまで10種類のチーズを製造している。「牛たちは自由に野山を動きまわり牧草地の草を食べ、のびのびと生活しています。そこから搾った生乳を低温加熱殺菌して使用するので風味がとても豊か。熟成するとチーズの旨み成分がさらに増して濃厚になります」とJAあしょろ畜産部の村木稔さん。モッツァレラを約2週間熟成させて、噛みしめるほどに味わいが楽しめる熟モッツァレラ「ころ」や、ラクレットタイプの「真」など、生乳の良さが生きる個性的なチーズが生まれている。足寄町内では、道の駅やAコープ、農産物直売所などで販売。徐々に販路を広げている。

あしょろチーズ工房 チーズセット

商品

あしょろチーズ工房

あしょろチーズ工房

〒089-3873
足寄郡足寄町中矢673-4
TEL 0156-25-7002